読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録

Twitterだと中途半端になってしまうので、備忘録を兼ねて。

May’n ASIA TOUR 2017 「OVER∞EASY」大阪公演

May’n ASIA TOUR 2017 「OVER∞EASY」大阪公演」に参加してきました。

www.eventernote.com

 

一度は学会ついでにイベントに行きたかったし、ライブ部にも参加したかったので、ちょうど良いタイミング。

基本的にはオルスタの会場だけど、今回は二階の指定席を取ってみた。

 

さすがに上から見下ろすような形にはなったけど、二階の最後列でも遠く感じることはなくて、とても見やすかった。

二階はライブ中に立ってる人と座ってる人の両方がいて、気にして見渡してた訳ではないけど、座ってる人の方が多かったような印象。

まぁ、体を動かしたかったら一階のオルスタに行けよ……と言われると反論できないところではあるが。

 

MCで「ライブにルールはない」「思い切り体を動かしていこう」とか「誰が一番高く跳べるかな?」と部員を煽っていて、やり過ぎることはないというファンへの信頼を感じた。

同じホリプロでも、こんなにも違うものなのかと。 (知らない人もいるかもしれないけど、May'n部長もホリプロ所属)

 

目指している方向が違うから、どちらが良いという問題ではないけどね。

 

二階だったから一階の様子も良く見えたんだけど、最前でもおしくらまんじゅう状態にはなっていないように見えた。

落ちサビでのクラップもアイドル的なコールも全く聞こえてこなかったし、わんぱくキッズはいなさそう。 個人的には、やっぱり落ちサビのクラップは無い方が良い。

 

**************

 

ライブの中身について。

単独ライブは初参加だったのだけど、ねんどろいどライブで数曲だけ聞いたことがあった。 トップバッターだったこともあり、そのときはセトリ的にもパフォーマンス的にも大きな会場の切り込み隊長を意識していたのだと改めて思わされた。

 

ちなみに、その時のセットリストは

  1. だった。 

  2. 改めてセトリを眺めると、全体的に各々のメジャーな曲を「自己紹介」になるように選んだのかな?という気もする。
  3. event.goodsmile.info

  4. 今回のセトリは、こちらを参照
  5. www.livefans.jp

「OVER EASY」は、目玉焼きを作るときに両面とも焼くことらしい。

表だけではなく、裏側まで表現できるツアーにしたいという思いを込めたとのこと。

 

確かにアップテンポな曲が多いのだけど、その中でバラード系の曲が映えるように組まれていたような印象がある。

細いのに力強く伸びる歌声は圧巻だった。

 

歌っている最中にも余裕があって、客席を良く見ている、見ようとしているというのが伝わってきた。

ステージ上で歌うだけではなく、観客に向かって歌っているのだと感じた。

 

**************

 

声優の歌の良いところが声優として色々なキャラクターを演じるように、歌の中で色々な表情が見えるところだとすると、彼女のような歌手の良いところは、歌の中で「May'n」という表現者像が見えてくるところなのかもしれない。

 

こうしてライブをしていることが彼女にとっての日常で、その日常が普通の人にとっての非日常的な体験を与えてくれる。

今度は1階の前の方の熱狂の中に行ってみたいと思わせてくれるライブだった。

大橋彩香1stワンマンライブTOUR2017「OVERSTEP!!」 東京

大橋彩香1stワンマンライブTOUR2017「OVERSTEP!!」 東京」に参加してきました。

基本的な情報はこちら↓

www.eventernote.com

 

セトリは流れてきたツイートを貼っておく。

 

以前のライブ中にUOが投げ込まれたとかでペンライトの持ち込みは禁止。

終演後に会場の外に「ペンライト返却所」があったから、勢い余って持ってきていた人は会場内に持ち込まないように回収されていたらしい。

終わってみれば、むしろペンライトがない方が楽しめるライブだったのではないかというのが正直なところ。

 

整理番号は1200番台で立ち位置は3つ目の柵の少し前で遠すぎず近すぎず。

開幕で少し押されたけど、それ以外は終始平和に楽しめた。

 

セトリを見ると確かに15曲で公演時間も100分くらいだったんだけど、そうとは思えない充実感があって満足度が高い。

気持ちよく声を出して体を動かして(ヲタ芸etcではないので悪しからず)、自分が「大橋彩香のライブ」に期待していたものを見ることができた。

アイドルソングだったりロックだったりと、いろいろな表現ができるのが「声のプロ」である声優アーティストの良いところだよな〜と再認識。cv.大橋彩香だとデレマスの卯月が一番有名かな?と思うんだけど、個人の活動ではキャラを通してでなくて本人の表現者としての姿を見ていきたい。

 

**************

 

1.ENERGY☆SMILE

イントロで気がついたら高まって体が動いてたよね、、、

自分の中では、これでライブの空気感が決まった気がしている。

このときもだけど、ペンライト禁止の影響で余計に感じるクラップが多かった印象がある。気にしたら負けと思えるくらいに歌と演奏がしっかりしていて良かった。

 

2.勇気のツバサ

この時点で汗だくで2曲目とは思えないテンション感だった。

声が出てると気持ちいいね。

 

3.RED SEED

CDで聴いていたときには感じなかった迫力があった。

かっこいい大橋彩香もいいぞ。

 

4.裸足のままでもこわくない

5.おしえてブルースカイ

王道のアニソン感があって、ここばかりはペンライトが欲しくなった。

 

6.ジャスミン

これまでウィンクは事務所NGだったらしいけど、晴れて?解禁。

ティータイムの小芝居をしながら歌うのは大変そうだな〜と思った。

はっしーが可愛かった。

 

7.明日の風よ

アコースティックパート1曲目。

喋ると濁点が多いのに、歌うと不思議なくらいに綺麗に声が出るよね。

 

8.No Surrender

アコースティックパート2曲目。

気持ちよく声が伸びていて、大橋彩香の歌声を堪能できた。

 

この2曲で「手拍子するところかな?」と思ったところでも何もなかったりして、クラップするところがわからなくなったよ、、、

 

9.ロンリーサンシャイン

再びアップテンポなパート。

ライダースジャケットを着てたのはここだったっけ?

 

10.ABSOLUTE YELL

アルバムの一曲目。

これとYES!!、ENERGY☆SMILEの3曲が自分の中の「大橋彩香っぽい曲」

本人が楽しそうにしていて、客席側の自分も楽しい気分になった。

 

11.Super dreaming days

唯一のアルバムとワガママMIRROR HEART未収録曲。

初見でも十分に楽しめる曲で、あとでちゃんと聴こうと思う。

 

12.流星タンバリン

ひたすらに楽しかった。

ライブの後にアルバムを聴くと、ライブ前提で作ったアルバムに聴こえるから不思議。

 

13.ワガママMIRROR HEART

やっぱり強かった。

振り付けあり、コールあり、ジャンプあり。

コールを入れながらジャンプしながらも、ダンスをしっかりと見たいとも思った。

次はホールで何とぞ。

 

EN1.彩りPlace

アンコールっぽくて終わりなんだな〜としみじみしていた。

彼女のオタクだったら泣いてそう。

 

EN2.YES!!

安心と信頼の完成度と楽しさ。

オタクのコールを含めての完成度が段違いだったように感じた。

 

**************

 

不完全燃焼なところを少し。

・MCの時間が本当に短くて、もっとトークが聞きたかった。

・演出がシンプルで物足りなさを感じた(ツアーの他の公演が3桁人数のライブハウスだからなのかもしれない)

・観客と目線を合わせようとしている場面が少なかった(ように見えた)

 

**************

 

客層の話。

ライブ慣れしてそうな若い人が多かった印象。

自分を含めて固定ファンが多数というわけではなさそう。

Pかな?という人もちょいちょいいて、アイマス現場をイメージして来ていたとしたら大変な思いをしていたかもしれない。

これでジャンプもクラップもするなと言われたら困るけど。

 

**************

 

落ちサビのクラップは本当にいらねえ、、、と毎回思うんだけど、それで不機嫌にならないくらいに楽しかった。

東京ではないとは言え、他の公演が3桁人数のライブハウスで収まるのが不思議。

デレマスは福岡でも大阪でも1万規模なのにね。

 

来シーズンもツアーがあったら行きたい。