読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録

Twitterだと中途半端になってしまうので、備忘録を兼ねて。

May’n ASIA TOUR 2017 「OVER∞EASY」大阪公演

May’n ASIA TOUR 2017 「OVER∞EASY」大阪公演」に参加してきました。

www.eventernote.com

 

一度は学会ついでにイベントに行きたかったし、ライブ部にも参加したかったので、ちょうど良いタイミング。

基本的にはオルスタの会場だけど、今回は二階の指定席を取ってみた。

 

さすがに上から見下ろすような形にはなったけど、二階の最後列でも遠く感じることはなくて、とても見やすかった。

二階はライブ中に立ってる人と座ってる人の両方がいて、気にして見渡してた訳ではないけど、座ってる人の方が多かったような印象。

まぁ、体を動かしたかったら一階のオルスタに行けよ……と言われると反論できないところではあるが。

 

MCで「ライブにルールはない」「思い切り体を動かしていこう」とか「誰が一番高く跳べるかな?」と部員を煽っていて、やり過ぎることはないというファンへの信頼を感じた。

同じホリプロでも、こんなにも違うものなのかと。 (知らない人もいるかもしれないけど、May'n部長もホリプロ所属)

 

目指している方向が違うから、どちらが良いという問題ではないけどね。

 

二階だったから一階の様子も良く見えたんだけど、最前でもおしくらまんじゅう状態にはなっていないように見えた。

落ちサビでのクラップもアイドル的なコールも全く聞こえてこなかったし、わんぱくキッズはいなさそう。 個人的には、やっぱり落ちサビのクラップは無い方が良い。

 

**************

 

ライブの中身について。

単独ライブは初参加だったのだけど、ねんどろいどライブで数曲だけ聞いたことがあった。 トップバッターだったこともあり、そのときはセトリ的にもパフォーマンス的にも大きな会場の切り込み隊長を意識していたのだと改めて思わされた。

 

ちなみに、その時のセットリストは

  1. だった。 

  2. 改めてセトリを眺めると、全体的に各々のメジャーな曲を「自己紹介」になるように選んだのかな?という気もする。
  3. event.goodsmile.info

  4. 今回のセトリは、こちらを参照
  5. www.livefans.jp

「OVER EASY」は、目玉焼きを作るときに両面とも焼くことらしい。

表だけではなく、裏側まで表現できるツアーにしたいという思いを込めたとのこと。

 

確かにアップテンポな曲が多いのだけど、その中でバラード系の曲が映えるように組まれていたような印象がある。

細いのに力強く伸びる歌声は圧巻だった。

 

歌っている最中にも余裕があって、客席を良く見ている、見ようとしているというのが伝わってきた。

ステージ上で歌うだけではなく、観客に向かって歌っているのだと感じた。

 

**************

 

声優の歌の良いところが声優として色々なキャラクターを演じるように、歌の中で色々な表情が見えるところだとすると、彼女のような歌手の良いところは、歌の中で「May'n」という表現者像が見えてくるところなのかもしれない。

 

こうしてライブをしていることが彼女にとっての日常で、その日常が普通の人にとっての非日常的な体験を与えてくれる。

今度は1階の前の方の熱狂の中に行ってみたいと思わせてくれるライブだった。